社長ブログ「タイル通販奮闘記」

年明けの試作室から
年明けの試作室から
こんにちは、T2の冨田です。タイトル「年明け」といいましても、早いものでもうひと月、経ってしまいました。今年は大寒波が来て以来、肌寒い日が続いてますね。余談ですが、仕事仲間?の粘土は凍ってしまうとだめになってしまうので、窯の近くに置いて手厚く大事に大事に保護していたりします。さて、本日は日々のことのご紹介です。現在わたしたちはカタログの準備と2月末に控えている建築建材展に向けて追われるように毎日 >>
タイルのネーミング
タイルのネーミング
新商品を作るときに最後に迷うのはネーミングです。コンセプトからイメージしたり、色や形からイメージしたり。いろんな角度から商品に相性の良いネーミングを考えます。 今年の新商品も同じように何度も変更を繰り返し、決めていきました。その中で、私の大好きなワインに関連したものがあるので紹介します。その名前は葡萄の品種から考えました。青々したフレッシュな緑をイメージしたソーヴィニヨン。このイメージで名 >>
T2plus(仮称)の取り組み
T2plus(仮称)の取り組み
T2×シライナギサ共同開発タイル「刻」 こんにちは、T2の千田です。2023年が始まってすでに三週間。あっという間に過ぎてゆく時の流れを感じずにはいられない今日この頃です。 白井さんの作品である「刻」の現物 さて、現在T2では2/28(火)~3/3(金)の期間に開催される“建築・建材展2023”に向けて急ピッチで準備を進めております。今回の建築・建材展はT2の1年間の活動報告の >>
タイルの組み合わせ
タイルの組み合わせ
タイルパークの林です。2023年の幕が開けました。今年もタイルの魅力を伝えるために頑張っていきます。今回は組み合わせの面白さをお伝えしたいです。今、タイルパークでは2023年版のカタログを準備している真っ最中です。いろんな写真で皆様に使い方にお魅力をお伝えしたいと考えています。その中から、今回は新商品の軽量コブ出し風タイルと光沢のあるインテリア系タイルを組み合わせて使う写真を紹介します。  >>
タイルノオサラ発売
タイルノオサラ発売
明けましておめでとうございます。T2の吉野です。新年一発目のブログ更新ですが、『タイルノオサラ』の話です。新年関係無くてすいません。タイル百年祭でも好評でした『タイルノオサラ』が遂に正式に発売となりました。昨年12月からなので実は既に発売しています。弊社のタイル通販サイト『タイルパーク』でタイル雑貨のコーナーを新設しましたので、其方でご購入出来るようになっております。イメージ写真は弊社近くの美容 >>
レリーフタイルを使った施工例 in アメリカ
レリーフタイルを使った施工例 in アメリカ
タイルパークの林です。今回は久しぶりに海外施工例です。アメリカでつかわれている凹凸のあるタイルを3種類紹介します。これらのタイルは一般的に商業施設向けが多いですが、写真のように住宅に使うのも新アイデアです。1点目はキール。まずは暖炉の周りにたて貼りされたキール。 キール KL−01S使用例 続いてキッチンに貼られたキール。 キール KL−01S使用例 次はペルラクレスト >>
2023年1月『断片』発売
2023年1月『断片』発売
今年も残すところわずか半月ほどですね。 年内、T2が担当するブログの最後は冨田が担当させていただきます。 よろしくお願いいたします!4月入社以来、企画開発担当していました『断片』がカタログより少し先行して、2023年1月にタイルパークにて販売を開始いたします。 以前、他の方の書いたブログでちらりと登場していたり、展示会でのお披露目も何度か行っていますが、年明けの発売を控え、商品になるま >>
アップサイクル第2弾 テラゾー
アップサイクル第2弾 テラゾー
タイルの端材と上海レンガの端材を使ったテラゾー タイルパークの林です。今回はテラゾー製作の報告です。社内ではいろんな素材の廃材が出ます。タイルはもちろん、レンガを切断するときに出る不良とか縁かかし処理を行なったタイルの廃材もあります。今回は組絵とアルターナキュート、上海レンガをミックスしてみました。レンガは柔らかくすぐ削れますが、研磨の時に少し赤色が周りに染まってしまうことがありました。施 >>
陰翳セレクト
陰翳セレクト
T2の千田です。今日は現在力を入れて取り組んでいる陰翳セレクトの取り組みについて紹介したいと思います。まず「 陰翳セレクトとは? 」ですが、陰翳の4つある形状の中で“格子”と“石畳”をセレクトし、この2形状に関して施工性を高めるの為にユニット化したもののことです。また作業効率を上げるため作業の一部に機械を導入することもしております。このユニット化にいたるまでの取り組みを今回は紹介したいと思います >>
アップサイクル インテリアパネル
アップサイクル インテリアパネル
陰翳生産時の端材 今日は最近取り組んでいるインテリアパネルをご紹介します。テーマはアップサイクルです。いろんな端材を使いデザインパネルを作ることを考えています。まずは、今年グッドデザイン賞をいただいた陰影を生産するときに出る端材です。通常はもう一度原料に戻すのですが、原料に戻すより価値が上がれば、素材も生き返ると思い取り組んでいます。写真のような端材を丁寧に揃え、釉薬をかけて色をつけます。 >>