彫刻のような屋根の造形・・

2022/09/01 (木)

タイルパークの(株)TNコーポレーション、デザイン室の渡辺です。
今回は彫刻のような屋根の造形が特徴の、教会のご紹介です。
建築に関わる方の何らかの参考になれば幸いです。









「ネヴィゲス巡礼教会 」 (ドイツ)
建築家、Gottfried Böhm氏による。
なぜ、このような彫刻的な形を選んだのかは説明しなかったようです。









※Gottfried Böhm( ゴットフリート・ベーム:1920年1月23日 – 2021年6月9日 101歳にて没)は、ドイツの建築家。
ヘッセン州オッフェンバッハ出身。アーヘン工科大学で教鞭を執った。
1986年にプリツカー賞受賞。
・・ 『ウィキペディア(Wikipedia)』より

















ユニークな屋根は「神の岩」「聖母マリアのバラ」など、さまざまなニックネームが付いているとのこと。





































Mariendom
architect: Gottfried Böhm
location: Velbert-Neviges, Germany
photography: David Altrath





参照元:
https://davidaltrath.com/
https://www.designboom.com/architecture/david-altrath-brutalist-mariendom-church-crystal-roof-neviges-germany-08-10-2022/