開放感がダイナミックな温室

2022/07/19 (火)

タイルパークの(株)TNコーポレーション、デザイン室の渡辺です。
今回は植物たちに優しい、ダイナミックな開放が特徴的な温室のご紹介です。
建築に関わる方の何らかの参考になれば幸いです。









イギリスにある、庭園の一部・・









保護が必要な亜熱帯植物を収容。










スペースは141m2。









↑ タイルをお探しの方、今すぐ上の画像をクリック!








ガラスとアルミニウム製の10枚の花びら(?)は4分で開放。









暖かい日には油圧機構を使用して開放し日光と外気を取り入れ、寒い季節には閉じたままで植物を保護します。



















Glasshouse
architect: Heatherwick Studio
location: Wooldbeding Gardens, West Sussex, UK
landscape architects: MRG Studio
environmental engineer: Atelier Ten Ltd
project management: Stuart A Johnson Consulting Ltd
CDM: Goddard Consulting
main contractor: RW Armstrong
contractor’s design architect: Kirkwood Mclean Architects
moving structure specialist: Eadon Consulting Ltd





参照元:
https://www.heatherwick.com/
https://www.nationaltrust.org.uk/woolbeding-gardens
https://www.sfct.org.uk/woolbeding.html
https://www.mrgstudio.co.uk/
https://www.designboom.com/architecture/heatherwick-studio-glasshouse-kinectic-woolbeding-gardens-06-27-2022/





↑ タイルをお探しの方、今すぐ上の画像をクリック!